ホーム » 日記

【Q】dokomo、auの解約金はいくらかかるのか

ドコモを解約してauに乗り換えたいという場合ですが、
契約更新月に解約するか、そうでないかによって解約金が違ってきます。


FOMA携帯の「ファミ割Max50」、「ひとりでも割50」、スマートフォンの「タイプXi にねん」とも
2年単位で同一回線を継続利用することが条件となっています。


ですが、2年以上経てばいつでも解約金がなく解約できるかといえば
そうではありません。


ドコモのプランは、ほとんどが2年契約となっていて、
解約(廃止)の連絡をしない限り、自動更新されてしまうのです。


解約しようと考えていても、連絡を忘れて、自動更新されてしまうと、
また2年契約となってしまいます。


契約回線の解約は、契約満了月(2年目当月)の翌月のみだけ
解約料金が発生しないというシステムになっているのです。


契約更新月の翌月以外の月及び、2年未満での解約は、
継続利用期間に係らず9,975円の解約金が必要になります。


ですから、自分の契約した月はいつなのかを、しっかりと
把握しておくことが大切です。


ドコモお客様サポート契約内容・利用状況の確認ページ
http://www.nttdocomo.co.jp/support/self_confirm/ にアクセスして確認しておきましょう。


auではスマホを番号そのままで他社から乗換えると、LTEプラン・プランZシンプルの
月額基本使用料(980円)が2年間0円になるauにかえる割をしています。


2年間で22,520円の割引となりますので、ドコモの解約金が9975円かかっても、
長い目で見たら、お得かもしれませんね。

タグ /

【Q】2013年夏モデルが出たので、ドコモからソフトバンクに乗換えたい。

ソフトバンクでは2013年夏モデルのスマホが発売されています。
また、新たに値下げした機種も続々と登場しています。


機種の種類や性能を見て、ソフトバンクに乗り換えを考える方もいることでしょう。
ドコモで契約している方は、解約金は一体いくらになるのでしょうか。


例えばFOMA携帯の「ファミ割Max50」、「ひとりでも割50」、スマホの「タイプXiにねん」とも
2年単位で契約更新することになっています。


けれど、2年経てばいつでも解約金がかからずに解約できる訳ではなく、
契約更新月に解約の連絡をしない限り、自動更新されてしまうのです。


契約回線の解約は、契約満了月(2年目当月)の翌月のみだけ
解約料金が発生しないというシステムになっています。


それ以外での解約は、継続利用期間に係らず、
9,975円の解約金が発生します。


ドコモお客様http://www.nttdocomo.co.jp/support/self_confirm/ で
自分の契約した月はいつなのかを、確認しておくといいでしょう。


ソフトバンクに乗り換えた場合、iphone5sの購入で
21000円のキャッシュバックがあります。


またiPhone及びスマホにMNP乗り換えで「スマホタダ割」の対象となり、
ホワイトプラン基本使用料が2年間0円という特典を選べます。


この二つを併用すると、約45000円の割引となりますので、
ドコモの解約料もそれほど負担にはならないのではないでしょうか。

タグ /

【Q】ドコモからソフトバンクに乗換えたいけど、方法を教えて!

ドコモからソフトバンクに乗換えをしたいと考えている方、
特に初めて乗換をする人は、乗換えの手順がわからないと不安ですよね。


乗換の手順ですが、まずドコモに解約の旨を伝えましょう。
MNP乗換えをする場合はその旨も伝えましょう。


解約時期により解約料が発生する場合もありますので、
支払の手続き等も済ませます。


MNP乗換をする場合は、その他にMNP転出料(2,100円)も必要となります。


その後ソフトバンクへの手続きとなりますが、乗換え手続きはネットでも可能です。
けれど、不安がある方は直接ショップに出向いた方がいいかもしれません。


手続きには、本人が確認できる書類(免許証、パスポート、健康保険証+α)の他に、
支払方法の確認(通帳やクレジットカード)ができるものが必要となります。


また、ホワイト家族などの家族割引加入の方は、代表契約者の本人確認書類も
用意しておきましょう。


その他に、未成年者の場合は、ソフトバンク指定の親権者等同意書及び
親権者の本人確認書類も必要となりますので、覚えておいてください。


MNP転出料をドコモに支払ましたが、転入料は要りませんが、
ソフトバンク新規契約手数料3,150円は必要となるので、忘れないでください。


乗換にはお金がかかるというイメージですが、ソフトバンクに乗換えた場合
のりかえサポートやスマホタダ割に適用されます。


たとえ乗換に解約料等がかかっても、お得感があるのではないでしょうか。

タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。